2017/06/10

卒業

なんとなく、最後に「卒業」ってものをしたときに書いた手記をここに持ってきてみました。


あ、卒業しました。

卒業した実感っていうか、そもそもが4年も通っといてその場所に所属しているという実感を持たずじまいだったので、「所属しなくなる」という実感もあるわけがなく。ただ「働かなきゃいけないんだなぁ」という意識がある。

「人生でまったくの無駄になることはひとつもない」と思っているから、ここに通ったことについてもそうなんだけどさ、もったいなかったなぁとはすんごく思う。この時期のこの時間を、もっと他にあっただろってね。コスパの問題ね。

やりたいことあったのに、なにしてたんだろなって。1日8時間をとられるようになる前に、そうなる前だから力を注げることっていうのがたくさんあったのにね。

ただ、生活のために収入源が必要だったんだよね。すべてを掛けてでも、あらゆることを犠牲にしてでも、なにかを追いかけるっていうような根性は、僕にはないからね。

だから僕にはこうすることしかできなかったんだけど、だけど、もっとうまいことやりたかったよね。

4年間よくがんばったっていうより、よく耐えたなぁって思う。

僕のこの学校に入る前の座右の銘は、「自分に誇れる自分」だった。誇りなき生より誇りある死を選ぶ自分だった。だけど、この4年間のうちに、「どんな手を使ってでも生き残る」に変わってしまったんだよね。

狡猾だったり、開き直ったり、屈辱的な手段だったり、「普通その手使うか?」「そんな手あんのか?」と周りに思われるような手を繰り返して、顔の面だけは厚くなったかな。そういうハートは強くなったかな。

たぶんその厚顔さっていうのは、今後も役に立つ場面があるんだろうな。 「あいつはそういうやつだから」と許されるポジションにいたのは、楽だったかも。

僕のこれからの座右の銘は、「自分になる」ってこと。前と同じ自分にってことじゃなくて、僕は自分になりたい。なりたい自分に近づくことを諦めたくない。

最近すごく思うことというか、意識することは、自分の中の「ガラの悪さ」みたいなものを、大事にしていきたいなってこと。なんていうか強気さっていうか、忘れないようにしたいなって思うんだよね。世の中に適応できないのなんて物心ついたころからずっとなんだし、もとからなにも持ってなかったんだから、怖がってもしかたないわけで。

在学中のとある出会いから本当にいろんな出会いがあったこと、いろんなことが変わったこと、そのきっかけがこの学校にあったってことが、この4年間の救いかな。

年がたつほどに、放っておくと道は狭くなって、選択肢は減っていって、新しいことは始めづらくなるけれど、やりたいことをやりたいってこと、自分になりたいんだってことを、これからも諦めずにいたいって思う。

働きたくない。